韓国俳優プロフィール情報2のTOPに戻る
「韓国俳優プロフィール情報2」トップ >  カン・ソンジン > 韓国俳優カン・ソンジン プロフィール


韓国俳優カン・ソンジン プロフィール

韓国俳優カン・ソンジンのプロフィールです。

ハングル 강성진 


お誕生日 1971/1/13
身長   182cm
体重 75kg
デビュー 1991年 映画


出演作品

1997 KBS2ドラマ「プロポーズ」
2000 KBS2ドラマ「怒った顔で振り返れ」
2003 SBSドラマ「愛情万歳」

2006 MBCドラマ「ある素敵な日」ク・ソンチャン役
2006 映画「野獣」
2006 映画「アパート」

2007 SBSドラマ「彼女がラブハンター」
2007 映画「BIGBANG」
2007 映画「クォン・スンブン女史拉致事件」 

2008 MBCドラマ「大韓民国弁護士」
2008 MBCドラマ「その人がこられる」
2008 映画「若い男」
2008 映画「彼女はきれいだった」
2008 tvNドラマ「マッチャン」

2009 SBSドラマ「二人の妻」アン・グァンテ役

2010 KBSドラマ「シンデレラのお姉さん」アン・ヘジン役
2010 KBS1ドラマ「百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)
2010 映画「夢はかなう」

2011 SBSプラス「結婚は狂った仕業だ シーズン2」
2011 JTBCドラマ「女が二度化粧する時
2011 映画「愛がこわい」

2014 SBSドラマ「神の贈り物-14日
2014 tvNドラマ「魔女の恋愛」ピョン・ソクギ役
2014 KBS2ドラマ「朝鮮ガンマン(朝鮮銃使い)」キム・ムドク役

2015 SBSドラマ「ハイド ジキル、私

2015 tvNドラマ「身分を隠せ

2015 KBS2ドラマ「お願い、ママ

2016 KBS1ドラマ「チャン・ヨンシル 蒋 英実 」ソッグ役



☆カン・ソンジン “呼吸を壊して瞬間的判断でアドリブ演技する俳優が嫌いだ”(2011/4/30)

俳優カン・ソンジンといえば一番先に浮び上がるのは彼を大衆に知らせた映画 ‘ガソリンスタンド襲撃事件’のタンタラ役だ .

映画の中 カン・ソンジンはパンク族が泣いて行きそうなスタイルと一言に悪い言葉が自然に滲まれている社会反抗的人物を盛り出した.多くの大衆にそのキャラクターが記憶される理由は腹中に収めておいていた反社会的な考えをそのまま表出し出す凉しさからではなかっただろうか.

画譜撮影のため会ったカン・ソンジンは社会反抗的な雰囲気とは全く違った.我が周りで見られる論理的や洗練さとは距離がある ‘人のにおい’がす俳優.撮影始終スタッフを気配りして周り雰囲気を察する纎細なことまで覗き見えた.

1991年映画 ‘十九 絶望の終わりに呼ぶ一つの愛の歌’でデビューしてもう 21年目に入った.一席で 21年の間休まないで駆けて来たこともすごいがその席で倦まず弛まず記憶されるというの自体だけで拍手を送る事だ.

人におい私は俳優,カン・ソンジンに会った.

◇画譜撮影はどうだったんですか?

“こんなズボン(スキニージン)を初めて着ました.思ったよりとても楽ですね.毎日着ても良いです.実際には一年中 トレーニング服 一着でいると思えば良いでしょう.しかしこんな服が結構似合うことを見たらもうこんなスタイルにも挑戦しなければならない”

◇初めとしてはあまりよく似合いますね.

“私が消化力がちょっと良いです.どんなにせっぱつまればニックネームが映画界のソファジェですか?ハハ今日着た服が全体的にとても気に入ります.楽でスタイリッシュで”

◇画譜撮影場で雰囲気メーカー役目をしました.映画やドラマ撮影場でもそうな方でしょうか?

“実は私のキャラクターが謹厳で重さをとることとは似合わないです.性格もそうで.楽な雰囲気で撮影をするとすべてのものが最上に出るようです.画譜もそうで映画,ドラマも同じでしょう.楽しい撮影とリラックスした雰囲気で撮影を終えればその雰囲気が大衆に伝達するようです.演技は実生活の延長線だからです”

◇20年が過ぎるうちに俳優という名前で得た教訓でしょうか?

“そうです.撮影場雰囲気が全体的な流れに影響を及ぼす場合が多いです.撮影場は暗黙的な約束の空間だと思います.作家,監督様との約束一緒にする俳優たちとお互いに約束につながっています.それで私はその約束を重要視する方です.作家様や監督様が直接書いたシナリオやシナリオに充実でその中で相手俳優と呼吸しようと思います.その呼吸を壊して自分の瞬間的判断でアドリブ演技をする俳優が一番嫌です”

◇コメディー演技でアドリブは必須要素ではないんでしょうか?

“よく組んだシナリオに不必要なアドリブは毒です.これは劇の流れを破ることのみならず相手俳優との呼吸を壊す仕業です.劇の流れ上、自然に誘発される笑いではない作り笑いになる場合が多いです.私はこんなアドリブを濫発する俳優を ‘くそ俳優’と称します”

◇演技以外に他の分野にして見たいことはないんですか?

“映画に関した事は分野を問わず挑戦して見たいです.それで何年前から倦まず弛まずシナリオも書いているし、機会を睨んでいるのですよ.演出や製作など映画ではなくて演劇にも欲心があります”

◇20年の間俳優という名前で住んだがどうですか?

“いつも同じな役目でもカン・ソンジンがすればその役目の魅力に自分の色を入れることができる俳優になりたかったです.これが派手な 1位はないが 20年を一席にとどまってあり得る理由ではないか思います”

カン・ソンジンが持った映画に対する愛,20年間休みなしに駆けて来た俳優という職業に対する愛情は特別に見える.本当 ‘人のにおい’ 私は俳優カン・ソンジン,大韓民国が言う本当の俳優ではないか.自分がよくすることができる役目を一番よく分かる俳優カン・ソンジン.彼の次の歩みが待たれる.

スマートフォン用サイトはこちら♪◇